金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典税金・租税(カテゴリー検索)障害者等の少額貯蓄非課税制度税金・租税に関係する本
  し行(全体)障害者等の少額貯蓄非課税制度障害者等の少額貯蓄非課税制度に関係する本
  し行(カテゴリー別)障害者等の少額貯蓄非課税制度税金制度に関係する本

障害者等の少額貯蓄非課税制度

用 語障害者等の少額貯蓄非課税制度
よびかなしょうがいしゃとうのしょうがくちょちくひかぜいせいど
英 語
別 名マル優
カテゴリー分類税金・租税/制度
関連用語
参照資料

障害者等の少額貯蓄非課税制度 とは

障害者等の少額預金の利子所得などの非課税制度を「障害者等の少額貯蓄非課税制度」と言い、「マル優」とも言われています。

障害者等の少額貯蓄非課税制度は、障害者手帳の交付を受けている人や遺族年金を受給している人など、一定条件を満たした人だけが利用できる制度で、一人につき元金350万円までの利子税金がかからないという優遇処置です。

元本350万円までの、日本における利子所得課税される、所得税住民税における所得税を非課税にする制度です。

尚、郵貯非課税制度がありましたが、日本郵政公社の民営化(ゆうちょ銀行発足)に伴い、2007年(平成19年)9月30日をもって廃止され、他の民間金融機関と共通の障害者等の少額貯蓄非課税制度に改められました。


障害者等の少額貯蓄非課税制度以外の税金・租税・制度の用語は、カテゴリー「税金・租税/制度」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

税金・租税用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (行別全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索