金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典税金・租税(カテゴリー検索)原則課税制度税金・租税に関係する本
  け行(全体)原則課税制度原則課税制度に関係する本
  け行(カテゴリー別)原則課税制度税金制度に関係する本

原則課税制度

用 語原則課税制度
よびかなげんそくかぜいせいど
英 語
別 名
カテゴリー分類税金・租税/制度
関連用語消費税
参照資料

原則課税制度 とは

事業者に対する消費税の課税方法で、消費者から預かった仮受消費税から、商品の仕入先などで支払った仮払消費税を差し引いた額を納付する方法を「原則課税制度」と言う。

通常全ての事業者は原則課税制度納税しており、課税売上割合によってさらに計算方法が分かれています。

また、課税売上割合とは売上のうちに占める課税売上の割合で、総売上のうち、教科書などのように消費税を課税されない非課税売上がある場合は、課税売上割合が100%未満になる。課税売上割合が95%以上の場合は、仮受消費税から仕入時に支払った仮払消費税を全額控除できるが、課税売上割合が95%未満の場合は調整計算が必要となる。調整計算には支払消費税を3つに分けて算出する個別対応方式と支払消費税の総額に課税売上割合を乗じて算出する一括比例配分方式がある。

尚、消費税の課税方法としては原則課税制度のほかに売り上げにかかる消費税額を基礎として、仕入れにかかる消費税額を簡易的に計算する簡易課税制度がある。簡易課税制度は中小事業者のみ採用できる。


原則課税制度以外の税金・租税・制度の用語は、カテゴリー「税金・租税/制度」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

税金・租税用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (行別全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索