金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典経済指標(カテゴリー検索)WS経済指標に関係する本
  英字(全体)WSWSに関係する本
  英字(カテゴリー別)WS経済に関係する本
  逆引き検索    

WS

用  語WS
よびかなダブルエス
英  語Worldscale
別  名ワールドスケール、ワールドスケール・レート
カテゴリー分類経済指標/一般
関連用語
参照資料

WS とは

WSは、「ワールドスケール」や「ワールドスケール・レート」とも呼ばれ、世界で最も一般的に使用されているタンカーの運賃指標(基準運賃)のことを言います。

WSは、ロンドンとニューヨークにある業界団体(タンカーの海運ブローカーの非営利組織)のワールドスケール協会が共同で算定しているもので、1969年に初めて発表され、その後、算定方式が何度か見直されてきました。
現在は、19,500重量トン、速力14ノットを基準船型として、原油1トン当たりの基準運賃(ドル建て)を「New Worldwide Tanker Nominal Freight Scale(毎年1月1日と7月1日に改定)」で取り決めています。

具体的には、この基準船型を対象に、ある与えられた運賃率の元では積み揚げ港のいかんによらず、1日あたり同一の運航収益(運賃から運航経費を差し引いた額)が得られるような基本構成となっています。また、実際の運賃率は、ワールドスケール協会より公表される名目運賃率(フラットレート、ドル/メトリックトン)のパーセンテージによって表示することが慣習となっており(WS100は基準運賃の100%、WS70は基準運賃の70%を意味する)、輸送される貨物の重量(メトリックトン)と、航海用船契約で合意された運賃率を乗じて運賃が算出されます。

一般にスポット航海用船におけるタンカー運賃は、燃料代や港費、船型や航路ごとに運航条件が異なりますが、WSによって、スポット契約の運賃に世界統一基準が用いられます。また、この運賃率を用いることによって、航路に関わりなく、タンカー運賃のマーケット水準を容易に比較・判断することが可能になります。


WS以外の経済指標・一般の用語は、カテゴリー「経済指標/一般」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

経済指標用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索