金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典財務・会計(カテゴリー検索)BEP財務・会計に関係する本
  英字(全体)BEPBEPに関係する本
  英字(カテゴリー別)BEP財務分析に関係する本
  逆引き検索    

BEP

用  語BEP
よびかなビーイーピー
英  語Break-even point
別  名損益分岐点
カテゴリー分類財務・会計/財務分析
関連用語安全性分析
参照資料

BEP とは

売上高とその売上高を達成するために必要とした総費用(変動費固定費)とが合致し、利益も損失も生じない状態を、英語表記の「Break-even point」を略して「BEP」と言い、「損益分岐点」とも言われています。

BEPは、管理会計上の概念の一つで、売上高と費用の額が等しくなる際の売上高のこと(損益分岐点売上高)であり、それ以上になると利益が生じ、それ以下になると損失が生じることになります。

企業は、財務分析BEPを知ることによって、例えば、短期利益計画を策定する際の指針としたり、ある一定のコストの下で利益を出すために最低限必要な売上高を予想したり、ある一定の売上高の下で利益を出すために必要なコストダウンの金額を予想したりすることなどができます。

BEPの計算式】

 BEP=固定費÷{1−(変動費÷売上高)}
 BEP=固定費÷限界利益率



損益分岐点

BEPは、XY軸上の交点として図示されることも多く、売上高(X軸:横軸)と収益・原価(Y軸:縦軸)の図中に、売上高線と、総原価線とを描画した際の交点がBEPとなります。
また、損益分岐点売上高が、実際の売上高に対して何%に相当するかを計算した比率は損益分岐点比率と呼ばれ、企業の採算性(安全度)を見る有効な指標のひとつとなります。


BEP以外の財務・会計・財務分析の用語は、カテゴリー「財務・会計/財務分析」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

財務・会計に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索