金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典財務・会計(カテゴリー検索)B/S財務・会計に関係する本
  英字(全体)B/SB/Sに関係する本
  英字(カテゴリー別)B/S貸借対照表に関係する本
  逆引き検索    

B/S

用  語B/S
よびかなバランスシート
英  語Balance sheet
別  名貸借対照表、バランスシート
カテゴリー分類財務・会計/貸借対照表
関連用語
参照資料

B/S とは

企業の資産負債資本を対照表示することによって、企業の財政状態を明らかにする報告書を、英語表記の「Balance sheet」を略して「B/S」と言い、「貸借対照表」や「バランスシート」と呼ばれています。

B/Sは、資金の調達源泉と、資金の用途が記され資産、負債、資本の分析をすることで、企業の安全性や手元流動性を判断することができます。

また、B/S損益計算書キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書等をあわせたものを、財務諸表と呼ばれています。



B/S

B/Sは資産の部、負債の部、純資産の部の3つに分解することが出来ます。左側(資産の部)は会社にどんな資産がいくらあるのかを表示し、右側(負債の部と純資産の部)はその資産を購入する為の資金を会社がどうやって集めたか表示します。資産の部の合計額と負債の部・純資産の部の合計額は必ず一致します。そう言うことからバランスシートと呼ばれています。

資産の部 とは

資産の部は、1年以内に現金化することが出来る「流動資産」と長期にわたり会社が保有することになる「固定資産」とに分けられます。
流動資産とは、現金預金の他、1年以内に現金化することになる製品・棚卸資産・有価証券、株式債券等です。また、固定資産とは、建物・機械・土地等の長期にわたって使用する設備です。固定資産が多いという事は多額の設備投資が必要な業種であるとともに、将来のメンテナンス費用が発生する可能性も有るという事も意味しています。

負債の部 とは

負債の部は、資産の部と同様に、1年以内に返済する義務のある負債を「流動負債」、1年を超えて返済義務のある負債を「長期負債」と分けて表示します。
負債には、銀行借入金のように利子をつけて返さないといけない「有利子負債」と買掛金支払利息のように利子をつけて返さなくてもいい「無利子負債」があります。負債総額が多い会社は、それだけ倒産のリスクがあるという事です。さらに、有利子負債の多い会社は負債を返済するだけでなく多額の支払利息を支払う必要があるという事です。

純資産の部 とは

純資産の部は、 株主が会社に投資してくれたお金で、会社の元手となる「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」からなります。
赤字が毎期続くと利益剰余金が減っていき、ついには純資産がマイナスになります。この状態を「債務超過」といいます。債務超過になったからといってすぐには倒産しませんが、今後倒産のリスクは高くなります。


B/S以外の財務・会計・貸借対照表の用語は、カテゴリー「財務・会計/貸借対照表」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

財務・会計に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索