金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典国際情勢(カテゴリー検索)ルーブル合意財務・会計に関係する本
  る行(全体)ルーブル合意ルーブル合意に関係する本
  る行(カテゴリー別)ルーブル合意金融危機に関係する本
  逆引き検索 (合意)ルーブル合意

ルーブル合意

用  語ルーブル合意
よびかなルーブルごうい
英  語Louvre Accord
別  名
カテゴリー分類国際情勢/合意
関連用語
参照資料

ルーブル合意 とは

1987年2月22日にフランス共和国のパリの旧ルーブル宮殿で開かれた、G7での為替レートの安定化(ドル安の歯止め)に関する合意を「ルーブル合意」と言う。

ルーブル合意は、1985年9月22日のプラザ合意を契機に加速していたドル安に歯止めをかけるために、為替相場を現行水準の周辺に安定させるというもので、各国は自国通貨に緩やかな変動幅を設け、そこから外れた場合は協調して市場介入することになりました。その背景として、プラザ合意以降、例えば円相場では、1ドル=240円台であったのが一本調子で下落し、1987年2月には1ドル=150円台に達するなど、日独などで通貨高による弊害が深刻し、一方で米国でもインフレ懸念が再燃し、また資本流入が鈍化し、さらにドルからの逃避がドル安を加速したことから、今度は各国が過度のドル安に対する懸念を共有したことがあります。

ルーブル合意では、為替レートを安定させるために、緊密な政策協調を行うことが宣言され、例えば、日米の金融政策においては、日銀が利下げ、FRBが利上げといった政策協調が行われました。しかしながら、その後、日米欧の協調の足並みが大きく乱れ、結果として、ドルの下落を止めることができませんでした。

尚、1987年10月19日のブラックマンデーは、西ドイツが米国の反対を振り切り、国内のインフレ懸念から金利の高め誘導を行ったことから、マーケットに政策協調は破綻したと受け止められ、次第に金利先高感が台頭したことが一つの引き金になったとされます。


ルーブル合意以外の国際情勢・合意の用語は、カテゴリー「国際情勢/合意」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

国際情勢用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索