金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典国際情勢(カテゴリー検索)ユーロ危機財務・会計に関係する本
  ゆ行(全体)ユーロ危機ユーロ危機に関係する本
  ゆ行(カテゴリー別)ユーロ危機金融危機に関係する本
  逆引き検索 (危機)ユーロ危機

ユーロ危機

用  語ユーロ危機
よびかなユーロきき
英  語European Debt Crisis
別  名欧州債務危機、欧州ソブリン危機
カテゴリー分類国際情勢/金融危機/欧州
関連用語
参照資料

ユーロ危機 とは

ギリシャの財政問題(ギリシャ危機)に端を発した債務危機が南欧からユーロ圏、欧州へと広域に連鎖した一連の経済危機を「ユーロ危機」と言い、「欧州債務危機」や「欧州ソブリン危機」とも言われています。

ユーロ危機は、2009年10月のギリシャの政権交代を機に、同国の財政赤字が公表数字よりも大幅に膨らむことを明かしたことに始まり、当初はギリシャ危機のみでしたが、その後、アイルランド、ポルトガル、スペイン、イタリアなどに飛び火し、さらには欧州全体の金融システムまで揺るがす事態となりました。
また、マーケットでは、当時、債務問題の中心となった、ポルトガル(P)、アイルランド(I)、イタリア(I)、ギリシャ(G)、スペイン(S)をPIIGS(ピーグス)諸国と呼びました。

ユーロ危機が起こった背景として、PIIGS諸国が、ユーロ導入後のソブリン債国債)のユーロ圏のメリット(高い信用力)を享受する一方で、財政上の構造問題を未解決のまま放漫財政を続けたため、リーマンショック以降、世界的金融危機や世界同時不況などで経済環境が激変する中、各国の構造問題が顕在化することになったものです。また、ユーロが通貨政策金融政策は統合しても、財政政策は各国が主権を握る中途半端なシステムだったことも根本的な問題として挙げられます。


ユーロ危機以外の国際情勢・金融危機・欧州の用語は、カテゴリー「国際情勢/金融危機/欧州」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

国際情勢用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索