金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典外貨投資(カテゴリー検索)不胎化介入外貨投資に関係する本
  ふ行(全体)不胎化介入不胎化介入に関係する本
  ふ行(カテゴリー別)不胎化介入外国為替市場に関係する本
  逆引き検索    

不胎化介入

用  語不胎化介入
よびかなふたいかかいにゅう
英  語Sterilized intervention
別  名 
カテゴリー分類外貨投資/外国為替市場
関連用語為替介入
参照資料

不胎化介入 とは

政府、あるいは中央銀行による外国為替市場への介入で生じたマネタリーベースの変化を、国債などの売買で相殺する為替介入を「不胎化介入」と言う。

不胎化介入は、為替介入に際してマーケットでの外貨売買の結果、自国通貨の量が増減する場合に、自国通貨の増減を相殺するような金融調節を実施することにより、介入後も通貨量が変化しないようにする介入手法を指します。
その金融調節は、日銀が介入と共に、マーケットの円資金を公開市場操作で吸収(国債などを市場で売って介入額と同額の円資金を市場から吸収)することで、自国通貨の需給を調節し、市場金利などへ影響を及ぼさないようにするのが狙いとなっています。

英語表記でSterilized intervention、広義には「影響を取り除くこと」を意味するSterilizeが「不胎化」と和訳され、主として金融・経済分野の専門用語として使われています。尚、不胎化介入は、非不胎化介入より介入の効果が薄い。

【対義語】・・・非不胎化介入


不胎化介入以外の外貨投資・外国為替市場の用語は、カテゴリー「外貨投資/外国為替市場」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

外貨投資用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索