金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典投資分析(カテゴリー検索)評価損益率投資分析に関係する本
  ひ行(全体)評価損益率評価損益率に関係する本
  ひ行(カテゴリー別)評価損益率株式投資分析に関係する本
  逆引き検索 (率)評価損益率

評価損益率

用  語評価損益率
よびかなひょうかそんえきりつ
英  語
別  名信用評価損益率
カテゴリー分類投資分析/株式投資
関連用語信用取引
参照資料

評価損益率 とは

株式信用取引において、株を買っている人が買値と比べて今どのくらいの損失状態であるかを見る指標を「評価損益率」と言い、「信用評価損益率」とも言われています。

評価損益率は、投資家がどれだけ信用取引を使った取引で損をしているかについてパーセントで表した指標を指し、株式市場全体が買われ過ぎか、売られ過ぎかを判断するために使います。

評価損益率は、東京証券取引所が毎週第3営業日に公表している信用取引現在高の数値を用いて日本経済新聞社が算出した数字が一般的に使われています。また最近では各証券会社が自社の顧客の信用取引の状況を使って独自の信用評価損率を発表しているところもありますのでそちらも参考にすると良いでしょう。

評価損益率の数値がプラスだと買い残の多くが評価益の出ている状態で、数値がマイナスだと買い残の多くが評価損の出ている状態を示します。一般的に、信用取引は決済期限のある短期売買のための取引手法なので、評価益が出ると買い建てした投資家は利益の確定のための反対売買を急ぎ、評価損の出ている投資家は利益が出るまで待とうとする傾向にあります。したがって、この評価損益率はマイナスになっていることが多く、プラスに近づくと相場も天井圏に近づいたと判断されるのが一般的です。

尚、評価損益率は、マイナスが大きくなるにつれ、評価損を抱えた投資家が追い証の発生を恐れて反対売買していくことで、さらに相場が下落する傾向になります。そして、一定水準を超えてマイナスが大きくなると、相場が反転していくといわれるのが一般的です。


評価損益率以外の投資分析/株式投資の用語は、カテゴリー「投資分析/株式投資」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

投資分析用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索