金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典株式投資(カテゴリー検索)バスケット取引株式投資に関係する本
  は行(全体)バスケット取引バスケット取引に関係する本
  は行(カテゴリー別)バスケット取引株式取引に関係する本
  逆引き検索バスケット取引

バスケット取引

用  語バスケット取引
よびかなバスケットとりひき
英  語Basket trade
別  名パッケージ取引
カテゴリー分類株式投資/株式取引/一般
関連用語 
参照資料

バスケット取引 とは

多数の銘柄をひとまとめにして一括で売買する取引を「バスケット取引」と言い、「パッケージ取引」とも呼ばれています。

バスケット取引は、複数の銘柄をまとめてバスケット(かご)に入った1つの商品とみなして売買する取引で、証券会社が本売買の委託を受ける際には、1つの取引として手数料を設定することが多い。

バスケット取引は、15銘柄以上かつ1億円以上の大口の取引でおこなわれ、大口の投資家(ファンド、機関投資家等)がインデックス運用の売買、ポートフォリオの銘柄入替、裁定取引に伴う現物株の売買などをする際に利用されます。
具体的には、大口の投資家が複数の銘柄をまとめて買いたい(売りたい)時に、それらの価格を指定して証券会社に注文を出し、その注文が合意すると、証券会社の自己売買部門が指定された銘柄を市場で買い向かう(売り向かう)といった仕組みになっています。

立会外取引や店頭市場が使われ一般の市場が閉っている時間でも取引ができることから、前場の終了後に大口のバスケット取引が約定され、後場にそれを受けた証券会社の自己売買部門が市場で執行するといったことがしばしば行なわれています。


パッケージ取引以外の株式投資・株式取引・一般の用語は、カテゴリー「株式投資/株式取引/一般」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

株式投資用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索