金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典年金(カテゴリー検索)年金扶養比率年金に関係する本
  ね行(全体)年金扶養比率年金扶養比率に関係する本
  ね行(カテゴリー別)年金扶養比率財政方式に関係する本
  逆引き検索    

年金扶養比率

用 語年金扶養比率
よびかなねんきんふようひりつ
英 語
別 名
カテゴリー分類年金/財政方式
関連用語
参照資料

年金扶養比率 とは

現役世代である公的年金の加入者数を、年金をもらえる権利のある受給権者数で割った値を「年金扶養比率」と言う。

年金扶養比率は、年金をもらえる権利を持つ受給者(高齢者)を、何人の現役世代で支えているかを示す比率で、年金財政の状況を表す指標として使われ、一般に本比率が小さくなるほど制度が成熟(疲弊)したことになり、現役世代の負担が重くなることを示します。

日本の年金制度は、現役世代が払った保険料で高齢者の年金を支えるという仕組みになっており、少子高齢化の進展や就業構造の変化(非正規社員の増加等)により、年金扶養比率国民年金厚生年金共に年々低下しています。厚生労働省の試算によると、2013年度の年金扶養比率は、国民年金(基礎年金)が2.15人、厚生年金が2.32人となっており、将来的に年金財政がさらに厳しい状況に陥ることが予測されています。


年金扶養比率以外の年金・財政方式の用語は、カテゴリー「年金/財政方式」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

年金用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索