金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典預金(カテゴリー検索)当座預金預金に関係する本
  と行(全体)当座預金当座預金に関係する本
  と行(カテゴリー別)当座預金決済用預金に関係する本
  逆引き検索 (預金)当座預金

当座預金

用  語当座預金
よびかなとうざよきん
英  語 
別  名決済用預金
カテゴリー分類預金/分類
関連用語 
参照資料

当座預金 とは

預金者が小切手手形の支払などの決済をすることを目的とした預金を「当座預金」、又は「決済用預金」と言い、小切手や手形を通じた信用決済取引になるので、口座開設においては金融機関において審査があり、審査内容は金融機関によって異なりますが、会社の実態、過去の取引実績、事業状況、決算、手形取引の必要性、代表者審査など多岐に渡ります。

また、当座預金の口座開設は難しいので、当座預金の口座を作りたいのであればその銀行での実績を積むことが重要で、都市銀行など規模が大きい銀行ほど厳しく、地域密着型で規模が小さい銀行ほど審査が緩やかであるとされています。

また、当座預金の残高が不足している場合に小切手や手形の支払が出来ないので「不渡り」となります。不渡りが2回行われると銀行からの借り入れなどが事実上不可能になり、企業経営を行うことができなくなる。

尚、当座借越契約を結んでいる場合は契約金額内であれば、借り入れを行うことができます。また、金融機関が破綻した場合(ペイオフ)に保護される預金額は1000万円とその利息までとされていますが、「当座預金」は、決済用預金なので当座預金は全額保護の対象となります。


当座預金以外の預金・分類の用語は、カテゴリー「預金/分類」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

預金用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索