金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典会社経営(カテゴリー検索)特別目的会社会社経営に関係する本
  と行(全体)特別目的会社特別目的会社に関係する本
  と行(カテゴリー別)特別目的会社会社区分に関係する本
  逆引き検索 (会社)特別目的会社

特別目的会社

用  語特別目的会社
よびかなとくべつもくてきがいしゃ
英  語Special Purpose Company
別  名SPC
カテゴリー分類会社経営/会社区分
関連用語
参照資料

特別目的会社 とは

金融機関や事業会社などが資産の流動化や証券化を利用する目的で設立された会社を「特別目的会社」と言い、英語表記の「Special Purpose Company」を略して「SPC」と言われています。

特別目的会社は、事業を行って営利を追求することではなく、資産を保有する器として機能することが目的であるため、倒産することがないように仕組まれています。また、類似の機能を持つ信託や任意組合、匿名組合などを含めてSPVとも呼ばれ、設立場所は日本国内だけでなく、その多くが税制上の優遇措置のある海外(ケイマン、バミューダ、バージン諸島などの地域)で設立されています。

特別目的会社は、債権・不動産等を担保に有価証券(株式債券等)を発行して、資金調達をする場合などに利用されます。具体的には、保有する資産を特別目的会社に譲渡することにより、その資産を企業本体から切り離すことができると共に、特別目的会社は譲渡された資産を証券化して、その資産の信用力をもとに資金調達をすることができます。これによって企業等は、バランスシートをスリム化して各種財務指標の改善を図ったり、資金調達の多様化や効率化、資金調達コストの削減を図ったりすることができます。

尚、日本においては、資産の流動化に関する法律(SPC法)にもとづく特別目的会社は、特定目的会社と呼ばれ、他の特別目的会社と区別されます。


特別目的会社以外の会社経営・会社区分の用語は、カテゴリー「会社経営/会社区分」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

会社経営用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索