金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典株式投資(カテゴリー検索)立会外取引株式投資に関係する本
  た行(全体)立会外取引立会外取引に関係する本
  た行(カテゴリー別)立会外取引株式取引に関係する本
  逆引き検索立会外取引

立会外取引

用  語立会外取引
よびかなたちあいがいとりひき
英  語off-floor trading
別  名
カテゴリー分類株式投資/株式取引/一般
関連用語 
参照資料

立会外取引 とは

金融商品取引所の取引形態の一つで、証券取引所を通じて行われる時間外取引を「立会外取引」と言う。

立会外取引は、証券取引所の通常取引の外で、「証券取引所の電子取引システムを利用して行う取引」のことを指し、特に大口取引を行う機関投資家にとって、他の投資家に影響を及ぼすことなく売買を成立させることができる点がメリットとされています。

日本では、1997年に東京証券取引所に導入され、その後、他の証券取引所にも順次導入され、現在、東京証券取引所では、電子取引ネットワークシステムである「ToSTNeT(Tokyo Stock Exchange Trading NeTwork System)」を通じて、全ての取引が「ToSTNeT市場」で行われています。

取引の種類としては、単一銘柄取引(株券及び転換社債券:最低売買単位以上)、バスケット取引(株券:15銘柄以上、かつ売買代金1億円以上)及び終値取引(株券及び転換社債型新株予約権付社債券:最低売買単位以上)の3種類から構成されています。

尚、似たような用語として「市場外取引」がありますが、これは証券取引所を介さない取引であるのに対して、立会外取引は証券取引所を介して行われる取引の一形態であり、市場外取引とは基本的に区別されています。

【対義語】・・・立会内取引


立会外取引以外の株式投資・株式取引・一般の用語は、カテゴリー「株式投資/株式取引/一般」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

株式投資用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索