金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典投資分析(カテゴリー検索)単線観測投資分析に関係する本
  た行(全体)単線観測単線観測に関係する本
  た行(カテゴリー別)単線観測投資に関係する本
  逆引き検索    

単線観測

用  語単線観測
よびかなたんせんかんそく
英  語
別  名ローソク足
カテゴリー分類投資分析/一般
関連用語
参照資料

単線観測 とは

株価などの相場の値動きを時系列に沿って図表として表す手法の一つで、単位期間を定め、単位期間中に初めに付いた値段を始値、最後に付いた値段を終値、最も高い値段を高値、最も安い値段を安値とし、この四種の値段(四本値)を「単線観測」と言い、また、「ローソク足」と呼ばれています。

単線観測には、始値よりも終値が高い陽線と、始値よりも終値が安い陰線の2種類があり、古くは陽線が赤、陰線が黒で書き表されていた事、値段が上ると明るい印象があり、下がると暗い印象がある事、相場の動きを陰陽道に絡めて考えた事などから陽線・陰線の名が付いています。相場に関する印刷物が刊行されるようになった際、コストの高いカラー印刷を嫌って陽線を白抜きの四角形、陰線を黒く塗り潰した四角形で表示する様に変化し、現在の紙媒体ではおおむね黒と白で表示される。

単線観測

図のように、始値と終値を単線観測の実体で、期間中の安値と高値はそこから伸びるヒゲで表現する。また、4つの値のうち、2つ(ないしそれ以上)が同じ値になると、ヒゲや実体のない変則的な単線観測になる。
また、期間が一日の場合は日足、一週間の場合は週足、一月の場合は月足、一年の場合は年足と呼ぶ。

尚、単線観測は江戸時代に出羽国の本間宗久が発案し、大阪・堂島の米取引で使われたといわれている。現在は日本国内だけでなく、世界中のヘッジファンドや個人投資家の間でも単線観測を中心軸において取引をしている。

単線観測は一般に移動平均線と一緒に描かれることが多く、また、単線観測の下に出来高を表示することが多い。


単線観測以外の投資分析・一般の用語は、カテゴリー「投資分析/一般」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

投資分析用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索