金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典日本経済(カテゴリー検索)随意契約日本経済に関係する本
  す行(全体)随意契約随意契約に関係する本
  す行(カテゴリー別)随意契約契約に関係する本
  逆引き検索    

随意契約

用  語随意契約
よびかなずいいけいやく
英  語
別  名随契
カテゴリー分類日本経済/契約
関連用語
参照資料

随意契約 とは

入札やせり売りなどの競争の方法によらず、任意に適当と思われる相手方を選んで結ぶ契約を「随意契約」と言い、略して「随契」とも呼ばれています。

日本では、国および地方公共団体などが行う契約は、入札による方式が原則となっており、随意契約は法令の規定によって認められた場合にのみ行うことができます。また、随意契約で行う場合にも、なるべく見積書を徴すること、なるべく二以上の者から見積書を徴することとされています。

また、随意契約は、競争入札と比べて、早期の契約締結、手続きの簡素化、小規模事業者でも参入可能などのメリットがありますが、一方で予算の効率化、公平性や透明性の点などでデメリットもあり、特に中央官庁における天下り先の企業や特殊法人などへの随意契約は社会的に問題となっています。

尚、随意契約は、その適用理由により、特命隋契少額随契不落随契の3種類に分類されます。


随意契約以外の日本経済・契約の用語は、カテゴリー「日本経済/契約」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

日本経済用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索