金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典派生商品(カテゴリー検索)スワップ取引派生商品に関係する本
  す行(全体)スワップ取引スワップ取引に関係する本
  す行(カテゴリー別)スワップ取引金融派生商品運用に関係する本
  逆引き検索    

スワップ取引

用  語スワップ取引
よびかなスワップとりひき
英  語Swap
別  名
カテゴリー分類派生商品/一般
関連用語
参照資料

スワップ取引 とは

あらかじめ決められた条件に基づいて、将来の一定期間にわたり、キャッシュフローを交換する取引を「スワップ取引」と言う。

スワップ取引は、金融派生商品(デリバティブ)の一つで、相場変動を回避したり、効率的かつ効果的な調達や運用を実現したりするために利用され、具体的には、金利スワップ通貨スワップ為替スワップクーポンスワップクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)、トータル・リターン・スワップ(TRS)、エクイティ・スワップ、コモディティスワップなどがあります。

尚、外国為替取引において、直物(スポット)と先物(フォワード)の2つの売買を同時に組み合わせたり、また異なった期日の先物同士の売買を同時に組み合わせた取引をスワップ取引と言うことがありますが、これについては、通貨スワップと区別するために「為替スワップ」とも呼ばれます。

また、スワップ取引の歴史は、1981年に世界銀行とIBMとの間で行われた通貨スワップが最初のスワップ取引と言われており、以後、スワップ取引は世界中で急速に拡大していきました。


スワップ取引以外の派生商品・一般の用語は、カテゴリー「派生商品/一般」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

金融派生商品(デリバティブ)用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索