金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典財務・会計(カテゴリー検索)社内留保財務・会計に関係する本
  し行(全体)社内留保社内留保に関係する本
  し行(カテゴリー別)社内留保財務分析に関係する本
  逆引き検索    

社内留保

用  語社内留保
よびかなしゃないりゅうほ
英  語Internal reserves
別  名内部留保
カテゴリー分類財務・会計/財務分析
関連用語
参照資料

社内留保 とは

企業の純利益から、税金・配当金・役員賞与などの社外流出分を差し引いた残りで、企業内に留保した部分を「社内留保」と言い、「内部留保」とも呼ばれています。

社内留保は、企業が得た利益を経営陣や株主などに分配せずに内部に残しておくものであり、その目的として、設備投資や研究開発を行って事業を拡大したり、将来赤字になった時に備えて蓄えておいたり、あるいは借入金の返済をしたりするなどといったことが挙げられます。

また、社内留保が多いほど資金繰りが楽になり、経営が安定しますが、一方で経営者が特に目的を決めないまま企業内に現預金を貯めておくと、株主から配当の増額を求められたり、将来への投資による事業拡大を躊躇していると判断されることもあります。また、成長志向の企業では、配当で株主に還元するのではなく、再投資によって成長を目指すべく、社内留保を厚めに行うことも多いです。

尚、社内留保は、企業の財務諸表バランスシート)においては、利益準備金、任意積立金、繰越利益剰余金のいずれかの形で、貸借対照表純資産の部に計上されます。


社内留保以外の財務・会計・財務分析の用語は、カテゴリー「財務・会計/財務分析」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

財務・会計に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索