金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典株式投資(カテゴリー検索)新規公開株株式投資に関係する本
  し行(全体)新規公開株新規公開株に関係する本
  し行(カテゴリー別)新規公開株株取引に関係する本
  逆引き検索 (公開株)新規公開株

新規公開株

用  語新規公開株
よびかなしんきこうかいかぶ
英  語Initial Public Offering
別  名新規上場株、IPO株
カテゴリー分類株式投資/分類/取引形態
関連用語 
参照資料

新規公開株 とは

新たに証券取引所に上場する株式の総称を「新規公開株」と言い、「新規上場株」や英語表記の「Initial Public Offering」を略して「IPO株」とも呼ばれています。

新規公開株は、未上場会社が株式市場証券市場)への上場に際して、証券会社を通じて株式が売り出されるもので、公募と売出しの2つの方式があります。

公募については、新規に株式を発行して証券市場から新たに資金を調達する(新規に発行する株式の買い手を募る)のに対して、売出しについては、既存の株主が保有株式を放出する形となっています。

新規公開株を収得するには、証券会社へ申込をする必要がありますが、誰でも収得できるわけではありません。ブックビルディング(需要申請)と呼ばれる手続きを踏んで、新規公開株購入希望価格などのヒアリングに参加しなければなりません。購入希望価格などの最終条件が決定すると、再度購入意思の確認や目論見書の確認、購入申込を経て抽選が行われ、この抽選に当選して初めて新規公開株を収得する権利を得ることが出来ます。
また、新規公開株は、取引開始後、価格が急騰するケースが多く、非常に人気が高くなっています。

新規公開株のメリット】

尚、新規公開株の全てがこうしたメリットがあるわけではなく、上場直後から株価が急落するケースもあります。また、新規公開株は、取引所取引において適正価格に落ち着くまで時間を要することから、本来の資産価値を見極めるのが難しい株と言えます。


新規公開株以外の株式投資・分類・取引形態の用語は、カテゴリー「株式投資/分類/取引形態」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

株式投資用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索