金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典投資分析(カテゴリー検索)市場感応度投資分析に関係する本
  し行(全体)市場感応度市場感応度に関係する本
  し行(カテゴリー別)市場感応度株式投資分析に関係する本
  逆引き検索 (感応度)市場感応度

市場感応度

用  語市場感応度
よびかなしじょうかんのうど
英  語Beta
別  名ベータ値
カテゴリー分類投資分析/株式投資
関連用語
参照資料

市場感応度 とは

個別証券の収益が証券市場全体の動きに対してどの程度敏感に反応して変動するかを示す数値で、ある証券(銘柄)の変動の大きさがベンチマーク(市場平均)の価格変動に比べて大きいか小さいかを示す指標を「市場感応度」と言い、「ベータ値」とも言う。

市場感応度は、ある銘柄の投資収益率の市場平均の収益率に対する感応度を表し、市場感応度=個別証券のリターン÷市場全体のリターンで表示される。市場感応度が1であれば、市場平均と同じ値動きをすることを示し、また1より大きければ市場平均より値動きが大きく、逆に1より小さければ市場平均より値動きが小さいことを示します。例えば、株式市場において、ある銘柄の市場感応度が1.8ということは、市場全体が10%上昇するとその銘柄は18%上昇し、逆に市場全体が10%下落するとその銘柄は18%下落することを意味します。

尚、市場感応度を推定する方法には、いくつかの手法がありますが、ヒストリカルベータ方式では、過去一定期間の投資収益率を市場全体の収益率と回帰分析することで推定した時の回帰直線の傾きとして計測されます。

現在、市場感応度は、現代ポートフォリオ理論でよく用いられ、個別銘柄の分析以外に、ファンドのポートフォリオの収益率を分析する際にも使われます。この場合の市場感応度は、例えば、株式ファンドにおいて、TOPIX日経平均株価などの株価指数(ベンチマーク)に対して、そのファンドがどれくらい敏感に感応し、連動した値動きをするかを示す数値となっており、もし市場感応度が2の場合は、株価指数が1%上昇すると2%上昇することを意味します。

【個別証券の市場感応度
市場感応度=個別証券のリターン÷市場全体のリターン


市場感応度以外の投資分析/株式投資の用語は、カテゴリー「投資分析/株式投資」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

投資分析用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索