金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典財務・会計(カテゴリー検索)時価会計財務・会計に関係する本
  し行(全体)時価会計時価会計に関係する本
  し行(カテゴリー別)時価会計制度・ルールに関係する本
  逆引き検索    

時価会計

用  語時価会計
よびかなじかかいけい
英  語Current value accounting
別  名
カテゴリー分類財務・会計/制度・ルール
関連用語
参照資料

時価会計 とは

流動資産 項目のうち株式債券金融派生商品(デリバティブ)、不動産などの金融商品を時価で評価して損益処理することを「時価会計」と言う。

時価会計は、各国の会計基準の統一を目的に制定された国際会計基準の時価会計導入を受け、日本でも国際的な動きに沿う形で段階的に導入が進められました。具体的には、2000年4月以後開始する事業年度から金融商品や販売用不動産について、また2001年4月以後開始する事業年度から企業同士や企業・金融機関間で互いに保有し合っている持ち合い株式についても、時価会計が原則義務づけられました。

従来の取得原価主義の下では、取得価額と時価の乖離が大きくなってくると、企業経営を帳簿価額だけでは正確な判断ができないこと、また実態ベースの価値を把握するという時代の流れから、時価会計制度の導入が図られました。今日では、時価会計の導入によって、企業は金融商品などを時価に基いた現状で把握し、また事業全体の価値や株主価値を把握し、その最大化を図る時価経営が求められています。
尚、時価会計では、マーケット(相場)の下落時には含み損として表面化させなければならず、決算の透明度が増す反面、相場の下落が長引くと財務悪化を招く企業が増えることになります。


時価会計以外の財務・会計・制度・ルールの用語は、カテゴリー「財務・会計/制度・ルール」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

財務・会計に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索