金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典投資分析(カテゴリー検索)購買力平価説投資分析に関係する本
  こ行(全体)購買力平価説購買力平価説に関係する本
  こ行(カテゴリー別)購買力平価説為替投資に関係する本
  逆引き検索 (説)購買力平価説

購買力平価説

用  語購買力平価説
よびかなこうばいりょくへいかせつ
英  語
別  名
カテゴリー分類投資分析/為替投資
関連用語
参照資料

購買力平価説 とは

為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるという説を「購買力平価説」と言う。

購買力平価説は、外国為替レートの決定要因を説明する概念の一つで、1921年にスウェーデンの経済学者、グスタフ・カッセルが外国為替購買力平価説として発表した。

購買力平価説には、絶対的購買力平価説と相対的購買力平価説があり、絶対的購買力平価説は、為替レートは2国間の通貨の購買力によって決定されるという説です。

具体的には、例えばアメリカでは1ドルで買えるハンバーガーが日本では100円で買えるとするとき、1ドルと100円では同じものが買える(つまり1ドルと100円の購買力は等しい)ので、為替レートは1ドル=100円が妥当だという考え方です。しかし、この説が成立するにはすべての財やサービスが自由に貿易されなければなりませんから、厳密には成り立たないことになります。

一方、相対的購買力平価説は、為替レートは2国間の物価上昇率の比で決定されるという説です。具体的には、ある国の物価上昇率が他の国より相対的に高い場合、その国の通貨価値は減価するため、為替レートは下落するという考え方です。しかしながら、この説もすべての財やサービスが同じ割合で変動することを前提としているため、厳密には成り立たないことになります。


購買力平価説以外の投資分析/為替投資の用語は、カテゴリー「投資分析/為替投資」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

投資分析用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索