金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典株式投資(カテゴリー検索)現物取引株式投資に関係する本
  け行(全体)現物取引現物取引に関係する本
  け行(カテゴリー別)現物取引株式市場に関係する本
  逆引き検索現物取引

現物取引

用  語現物取引
よびかなげんぶつとりひき
英  語 
別  名実物取引
カテゴリー分類株式投資/一般
関連用語 
参照資料

現物取引 とは

金融取引や商品取引などの一つの取引形態で、受渡日に顧客(投資家)と金融機関等の間で、現物(実物)と金銭(資金)の受渡しが行われる取引を「現物取引」と言い、「実物取引」とも呼ばれています。

現物取引は、株式の売買においては、最もスタンダードな取引方法で、株式の現物を購入するという意味で、たとえば株価200円の株式を1000株購入し、その代金として200,000円を支払うという取引方法を指し、現物取引により購入した株券は売買の日から4営業日後に株券と現金が交換(決済)されることになります。

現物取引では、信用取引デリバティブ取引先物取引オプション取引他)などとは異なり、レバレッジ1倍であるため、投資家の最大損失は投資金額の範囲内となります。
また、将来のある時期に、予め決められた価格で、予め決められた商品を売買する予約取引である「先渡取引フォワード取引)」は、現物決済であるため、現物取引に分類されます。

尚、現物取引は、証拠金による取引である「信用取引」と対義的に用いられます。

【対義語】・・・信用取引


現物取引以外の株式投資・一般の用語は、カテゴリー「株式投資/一般」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

株式投資用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索