金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典債券投資(カテゴリー検索)格付け債券投資に関係する本
  か行(全体)格付け格付けに関係する本
  か行(カテゴリー別)格付け債券格付けに関係する本
  逆引き検索格付け

格付け

用  語格付け
よびかなかくづけ
英  語Rating
別  名レーティング
カテゴリー分類債券投資/格付け
関連用語 
参照資料

格付け とは

企業業績や財務内容などを分析し、企業が発行する債券の元本や利払い能力の安全度を順位付けすることを「格付け」と言い、「レーティング」とも言われています。

格付けは、格付機関が公正な第三者として表明する評価意見であり、通常、独自に定める格付記号によって表現され、その対象となるものは、債券が最も多いですが、それ以外にも、預金投資信託、保険支払能力、デリバティブ仕組債、ローン債権などがあります。

現在、代表的な格付機関には、海外系では、「ムーディーズ」・「スタンダード&プアーズ」・「フィッチレーティングス」、日本では「日本格付投資情報センター」・「日本格付研究所」などがに大きな影響を与えることで知られています。

格付けのレベルを表す記号は、格付機関によって異なりますが、一般的に格付けの高いほうからA、B、C、Dとなり、A(シングルエー)格以上が優良、BBB(トリプルビー)格までが投資適格、BB(ダブルビー)格以下が投機的と呼ばれています。またAA+、A1、CCC-など、プラスマイナスや数字を組み合わせることで細分化されています。
AAA(トリプルエー)が優良企業や優良国の代名詞として使われることもありますが、これは最も信用力が高い(信用リスクが小さい)ランクを示す記号として「AAA」を使う格付機関が多いためです。しかし、格付機関によって格付けの定義、使われる記号が異なりますので、格付機関のホームページ等でご確認ください。

また、一般に債券の格付けには、発行体が格付機関に格付けを依頼して取得するものと、格付機関が独自の判断で格付けを行うもののがあり、さらに長期債と短期債は別々に評価されます。

尚、格付けの判断基準として用いられているのは、元利金の支払いに充当可能なキャッシュフローのレベル、安定性・収益性・成長性などの指標のほか、現預金や短期有価証券等の金額などとなっています。


格付け以外の債券投資・格付けの用語は、カテゴリー「債券投資/格付け」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

債券投資用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索