金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典会社経営(カテゴリー検索)株式持ち合い会社経営に関係する本
  か行(全体)株式持ち合い株式持ち合いに関係する本
  か行(カテゴリー別)株式持ち合い株主に関係する本
  逆引き検索    

株式持ち合い

用  語株式持ち合い
よびかなかぶしきもちあい
英  語Crossholding of stocks
別  名
カテゴリー分類会社経営/株主
関連用語
参照資料

株式持ち合い とは

2つ以上の企業が相互に相手の株式を所有することを「株式持ち合い」と言う。

株式持ち合いは、企業や金融機関などが純粋な投資目的ではなく、政策的に互いの株式を互いに持ち合っている関係(状況)を指し、旧財閥系のグループ企業や金融機関などを中心に、グループの結束強化、取引関係の強化、株価株主の安定化、敵対的買収の回避などのために行われてきたもので、先進国では、ドイツを除いて日本特有の慣行となっています。

日本における株式持ち合いの形成は、戦後の財閥解体後から始まり、1960年代の資本の自由化のなかで、外資による企業買収から逃れるために強化されていった。また、1980年代後半のバブル期には、大量のエクイティファイナンスの受け皿として、株式持ち合いが活用された。

ところが、1990年代バブル崩壊とともに景気が長期間低迷するなかで、こうした株式持ち合いによる資金繰りの悪化、相互の株価下落による業績への悪影響や非効率性が顕著化し、解消する動きが出てきました。銀行による持ち合い解消売りに伴う株価の下落リスクを抑えるため、銀行等保有株式取得機構が2002年に設置され、株式持ち合いの解消は、さらに進展している。


株式持ち合い以外の会社経営・株主の用語は、カテゴリー「会社経営/株主」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

会社経営用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索