金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典会社経営(カテゴリー検索)株式併合会社経営に関係する本
  か行(全体)株式併合株式併合に関係する本
  か行(カテゴリー別)株式併合株式に関係する本
  逆引き検索 (合)株式併合

株式併合

用  語株式併合
よびかなかぶしきへいごう
英  語
別  名
カテゴリー分類会社経営/株式
関連用語
参照資料

株式併合 とは

既存の株式で、任意数の株式を1株に統合することによって、発行済の株式数を減らす手法のことを「株式併合」と言う。

株式併合は、一定の割合(併合比率)に従って、各株主の保有する株式数を一律に減少させるもので、通常、大量に発行された個々の株式の管理コストを低減させたり、株式交換株式移転などの準備作業として行われることが多いです。また、株式併合が行われると、併合比率に従って発行済株式数は減少し、株価は引き上げられるため、理論上の株式価値は変化しません。例えば、2株を1株に併合すると(併合比率2対1)、発行済株式数は半分になると共に、理論価格は2倍になります。

2001年の商法改正により、単元株制度が新たに導入されるなど、株主制度の自由度が高まり、株式併合に関する法制度も規制緩和が行われ、様々な目的で実施することが可能となりました。但し、場合によっては、端株主や売買単位未満株の株主を増やすことになるなど、株主の権利を侵す可能性があるため、株式併合については、株主総会の特別決議が必要となっています。

尚、株式併合に対して、株式をいくつかに分割することを株式分割と言う。

【対義語】・・・株式分割


株式併合以外の会社経営・株式の用語は、カテゴリー「会社経営/株式」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

会社経営用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索