金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典世界経済(カテゴリー検索)ガット世界経済に関係する本
  か行(全体)ガットガットに関係する本
  か行(カテゴリー別)ガット協定に関係する本
  逆引き検索    

ガット

用  語ガット
よびかなガット
英  語General Agreement on Tariffs and Trade
別  名関税及び貿易に関する一般協定、GATT
カテゴリー分類世界経済/協定
関連用語
参照資料

ガット とは

関税の低減、関税外貿易障壁の除去により、自由な国際貿易と参加各国経済の発展とを意図した協定を、英語表記の「General Agreement on Tariffs and Trade」を略して「GATT(ガット)」と言い、日本語表記では、「関税及び貿易に関する一般協定」と呼ばれています。

ガットは、ブレトン・ウッズ協定により、1947年に調印された自由貿易の促進を目的とした国際協定を指し、1930年代の世界的な大恐慌と、それに伴う保護貿易主義の台頭が第二次世界大戦の一因となったことを反省し、各国で円滑な国際貿易を実現するために、1944年のブレトン・ウッズ体制の枠組みとして国際復興開発銀行国際通貨基金と共に、多国間の協定締結により、1948年に発足しました。その本部は、スイスのジュネーブに置かれ、自由、無差別、多角の三原則により貿易障害を撤廃し、世界の自由貿易の拡大を図ることを目指しました。

ガットでは、様々な貿易交渉が行われ、1948年のジュネーヴ・ラウンド、1964年〜1967年のケネディ・ラウンド、1973年〜1979年の東京ラウンド、1986年〜1995年のウルグアイ・ラウンドと交渉が進むにつれて加盟国が拡大し、ウルグアイ・ラウンドでGATTを拡大発展させる形で新たな貿易ルールとしてWTO協定が作られ、1995年に国際機関として世界貿易機関が発足しました。


ガット以外の世界経済・協定の用語は、カテゴリー「世界経済/協定」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

世界経済用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索