金融マネー専門用語辞典

金融マネー専門用語辞典


HOME金融マネー専門用語辞典派生商品(カテゴリー検索)アセット・スワップ派生商品に関係する本
  あ行(全体)アセット・スワップアセット・スワップに関係する本
  あ行(カテゴリー別)アセット・スワップスワップ取引に関係する本
  逆引き検索    

アセット・スワップ

用  語アセット・スワップ
よびかなアセット・スワップ
英  語Asset Swap
別  名
カテゴリー分類派生商品/スワップ取引
関連用語 
参照資料

アセット・スワップ とは

保有する債券等のアセット(資産)から得られるキャッシュフローを変更するために利用される金利スワップ通貨スワップなどのスワップ取引を「アセット・スワップ」と言う。

通常、金利スワップや通貨スワップなどは、債務者側が行うスワップ取引を指すことが多いですが、このアセット・スワップは、債権者側が行うスワップ取引であると言えます。

例えば、保有する社債の金利変動リスクを回避するために、社債から受け取る利息(固定)をスワップ取引(金利スワップ)の固定金利の支払いに充当し、その代わりに「変動金利(LIBOR、TIBOR)+α」を受け取るといった取引があります。この場合、社債の購入資金を短期借入の「変動金利(LIBOR、TIBOR)+β」で調達した場合、本契約を締結することで、金利変動リスクを回避できると共に、社債の利回り(固定金利)とスワップの固定金利の差などのスプレッドを継続的に確保できます。また、LIBORやTIBORを無リスク金利とみなした場合、このスプレッドは社債のクレジットスプレッドと考えることができるため、アセット・スワップは時としてクレジットデリバティブと対比されることがあります。

尚、アセット・スワップを締結しても、社債の発行体信用リスクは残っているため、発行体がデフォルト等を起こした場合には、スワップ契約が残ることには注意が必要です。


アセット・スワップ以外の派生商品・スワップ取引の用語は、カテゴリー「派生商品/スワップ取引」をご覧下さい。



カテゴリー別 50音
通貨預金債券投資株式投資投資信託外貨投資派生商品
日本経済世界経済経済指標経済指数財務会計国際情勢投資分析
会社経営貿易年金保険家計・生活不動産税金・租税

金融派生商品(デリバティブ)用語に関係する本


HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
● 通貨
● 預金
● 債券投資
● 株式投資
● 投資信託
● 外貨投資
● 派生商品
● 日本経済
● 世界経済
● 経済指標
● 経済指数
● 財務会計
● 国際情勢
● 投資分析
● 会社経営
● 貿易
● 年金
● 保険
● 家計・生活
● 不動産
● 税金・租税
50音検索 (全体)
   ・    ・
   ・    ・
カスタム検索